仮想通貨japanでは、仮想通貨や暗号通貨に関する情報が網羅されております。ビットコイン・リップル・イーサリアム等々...気になる最新情報が満載です☆彡

証券取引委員会(SEC)は、ビットコインETFを拒否しました。

SECは、ProShares、Direxion、GraniteSharesからのBitcoin Exchange -Traded FundからのビットコインETFを拒否しました。
2018/08/23 UPDATE
 
79 views

ビットコインETFを拒否

米国証券取引委員会(SEC)は8月22日、投資会社プロシェアーズとディレクシオン、グラナイトシェアーズから申請されていた計9つのビットコインETF(上場投資信託)を拒否すると発表しました。

これで残されたビットコインETFは、市場の注目が最も集まるシカゴオプション取引所(CBOE)のビットコインETFのみとなります。

SECの拒絶理由がコチラ。

"...the Commission is disapproving this proposed rule change because, as discussed below, the Exchange has not met its burden under the Exchange Act and the Commission's Rules of Practice to demonstrate that its proposal is consistent with the requirements of the Exchange Act Section 6(b)(5), in particular the requirement that a national securities exchange's rules be designed to prevent fraudulent and manipulative acts and practices."
"...委員会は、以下に述べるように、取引所法および欧州委員会規則の下で、その提案が取引法セクションの要件と一致していることを証明するための負担を満たしていないため、 6(b)(5)、特に国家証券取引所の規則が詐欺的行為や行為行為を防止するように設計されていること。(Google翻訳)
「取引所はとりわけ詐欺や価格操作を防ぐ上でSECが求める水準に達していない」
"...the Commission is disapproving this proposed rule change because, as discussed below, the Exchange has not met its burden under the Exchange Act and the Commission's Rules of Practice to demonstrate that its proposal is consistent with the requirements of the Exchange Act Section 6(b)(5), in particular the requirement that a national securities exchange's rules be designed to prevent fraudulent and manipulative acts and practices."
"...委員会は、以下に述べるように、取引所法および欧州委員会規則の下で、その提案が取引法セクションの要件と一致していることを証明するための負担を満たしていないため、 6(b)(5)、特に国家証券取引所の規則が詐欺的行為や行為行為を防止するように設計されていること。(Google翻訳)

SECは「すべての事例において、SECは、ビットコインやブロックチェーン技術がイノベーションや投資としての有用性や価値があるのか​​どうかの評価には不満はない」と強調しております。

さらに、SECの一員であるHester Peirce氏は
「ビットコインETFを阻止しようとする動きが投資家とイノベーターの両方にとって不利益である」
ともコメントしました。

これは、7月末に米仮想通貨起業家ウィンクルボス兄弟のビットコインETFを拒否した時と同じ理由だ。また、先物市場が「巨大市場」であるという証拠を示していないこともウィンクルボス兄弟の時と同様に言及した。

 一方、SECは、ビットコインとブロックチェーン技術がイノベーションや投資として価値がないという評価をしているわけではないと強調した。

今回の発表を受け、2019年に承認される確率が最も高いとの見解を示す方の声も多数聞こえてきました。

証券取引委員会とは?

アメリカ証券取引委員会は、アメリカ合衆国における株式や公社債などの証券取引を監督・監視する連邦政府の機関である。
本部: アメリカ合衆国 ワシントンD.C.
創立者: フランクリン・ルーズベルト
設立: 1934年6月6日
従業員数: 4,301 (2015年)

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

2017は仮想通貨元年✨ 2018年は仮想通貨定着の年。 これからは仮想通貨=怪しい存在。 から ...もっと見る

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード