仮想通貨japanでは、仮想通貨や暗号通貨に関する情報が網羅されております。ビットコイン・リップル・イーサリアム等々...気になる最新情報が満載です☆彡

ビットコインと電子マネーはどう違う?

「Edy」や「SUICA」など普段から利用する人も多い電子マネー。現金の代わりに事前にチャージをしておくこの電子マネーは、仮想通貨であるビットコインとはどのような違いがあるのでしょうか?この2つ、実は似ているようでまったく違うものなんです!
2017/12/14 UPDATE
 
119 views
  • 「Edy」や「SUICA」など普段から利用する人も多い電子マネー。現金の代わりに事前にチャージをしておくこの電子マネーは、仮想通貨であるビットコインとはどのような違いがあるのでしょうか?この2つ、実は似ているようでまったく違うものなんです!
  • そもそも「ビットコイン」とは?

  • ビットコイン(bitcoin)とは、P2Pネットワークを利用して運用されている暗号通貨、仮想通貨です。
    仮想通貨と呼ばれるように、現実にビットコインというコイン(貨幣)は発行されておらずインターネット上だけで存在します。EdyやSuicaのように通貨として現物が存在しておらず、日本円や米ドル、ユーロのように独立した通貨としての価値を持っている仮想通貨がビットコインです。
  • ビットコインは価格が変動する!
  • 仮想通貨の価格が上下する理由は需要と供給のバランスが常に変化しているからです。

    市場には投資家、投機家、仮想通貨の現物が実際に必要な人など、思惑の違う人達が入り混じっています。それぞれの思惑の違いが需要と供給のバランスの変動する原動力となり、それに合わせて価格が変動していきます。

    また、同じ原資産を扱う別の取引所と比べたときに、市場に参加している人達が違うことや取引所毎に別のオーダーブックを使用していることが理由で、一時的に取引所間で価格差が発生することがあります。

    価格差が生じたら自然発生的に裁定取引(安いところで買って、高いところで売って利益を出す取引)を行う者が現れるので、取引所同士が影響(連動)しあって、価格が調整されていきます。裁定取引のことを英語でアービトラージと言います。

    さらに、仮想通貨の種類によっては採掘で供給量が増えていくものもあるので、(採掘者は仮想通貨の一部を電気代にあてるために)いまは力が売りの方向に働きやすいといった傾向があります。

    仮想通貨を採掘できる量が減ったとき、また採掘自体ができなくなったときに、需要と供給のバランスがどのように変化するのかは未知数です。こればっかりは実際に起きてみないと誰にも分かりません。

    このようにして、仮想通貨の価格は日々変動していくのです。
  • ビットコインは通貨そのもの。取引所を通して購入してからはじめて利用することができます。デジタルデータ上での利用ですが、使い方は現金と変わりません。
    「価値が変動するお金」なため、投資の対象となり投資家の間でも注目を集めています。
  • 一方「電子マネー」とは?

  • 電子マネーとは、電子的なデータのやりとりによって決済を行う決済サービスの一種です。カードをレジなどに置いてある端末に「ピッ」と触れさせるだけで支払いができます。しかも、精算の時にサインする必要はありません。この便利なカードがいわゆる電子マネーと呼ばれ、利用者が急増してきています。

    代表的な電子マネー
    Edy(エディ)、Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、PiTaPa(ピタパ)、iD(アイディ)、QUICPay(クイックペイ)、Smartplus(スマートプラス)、Visa Touch(ビサタッチ)、nanaco(ナナコ)、WAON(ワオン)など
  • 自分で決めた金額をチャージできるお財布
  • 交通機関やお店などで普段何気なく使っている電子マネー。近年携帯電話タイプのものも普及し、より気軽に利用できるサービスも充実していますよね。現金を持ち歩く必要もなく、全国のコンビニやショップで小額から利用できるためとても便利です。
    現金を前払いしチャージを行なうため、電子マネーはいわば「お財布」そのものの役割を果たしています。
  • ビットコインは「通貨」電子マネーは「前払い」

  • 電子マネーは日本円をチャージすることで決済利用ができるようになります。しかし、ビットコインは日本円を使って両替する必要があります。日本円をドルやユーロなどに両替する感覚に近いです。電子マネーはあくまで日本円での支払いを便利にするためのもので実質日本円で決済をしていることになりますが、ビットコインは一つの通貨です。ドルやユーロのように価格変動もします。
  • SuicaやEdy、WAONのような電子マネーは、国の中央銀行が発券する日本銀行券を一時的に入金し、その金額を元に支払いを行うシステムです。
    仮想通貨はそのようなシステムとは異なり、中央銀行を介さずに通貨の価値が決まることが特徴です。

    【電子マネー】
    国が価値を保証する法定通貨を、一時的にネット上で入金を行うことで、カードをとおして決済ができる『システム』

    【仮想通貨】
    国が価値を保証する法定通貨とは異なり、ネット上で中央銀行を介さない取引を行う『通貨』
    このようなWebで取引が可能になる通貨の存在は、あらゆるモノがネットワークにつながるIoTを加速させると期待されています。
    その中でも取引情報がネットワーク上に存在するビットコインは他のシステムとの連携がしやすいため、様々なモノでの決済が可能となるかもしれません。
  • 決定的に異なるのが、価格変動の有無。ビットコインは価格の変動があることに対して、電子マネーはありません。ビットコインをはじめとする仮想通貨は基本的に値動きが激しいので、投資の対象になるのです。
    ついつい同じものとしてイメージしがちですが、実はこんなに大きな違いがあったのですね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード