仮想通貨japanでは、仮想通貨や暗号通貨に関する情報が網羅されております。ビットコイン・リップル・イーサリアム等々...気になる最新情報が満載です☆彡

日本初、仮想通貨のモナーコインについて調べてみました。

モナーコインが日本初の仮想コインってご存知の方もいらっしゃると思いますが、現在の状況を調べてみたいと思います。
2017/04/14 UPDATE
 
155 views

皆さんご存知の日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板

Litecoinなどの採掘プール「2chpool」を運営していたわたなべ氏が、2013年12月23日にβ版をリリースするが、すぐにリセット[2]を決定。12月30日に新Monacoinの公式アナウンスを行い、2014年1月1日0時0分(UTC)に正式リリースされた。

ビットコインと何が違うのでしょう。

当然ながら、モナーコインはスタートしたばかりのコインであり、ビットコインのようなパイオニア感もありませんから、流動性はビットコインよりもさらに低くなりますし、投機的な使い方をした場合は、ボラタリティの高さに驚くことになると思います。はっきり言ってしまうとこれからの仮想通貨なのですね。
ただ、リップルなどは大手が出資している関係(有名なところではGoogleが出資している)で、ビットコイン的な性格(暗号通貨としての性格)が多少弱まるのではと思いますが、モナーコインには今のところそれがありません。
その意味では、リップルはまったくの暗号通貨ではない可能性もありますが、モナーコインも進む道は、ビットコイン同様、誰にも乗っ取られる心配のない暗号通貨(または仮想通貨)としての方向性です。
ただ、ビットコインと比べると、まだ市場価値が違いすぎます。ただし、モナーコインもいつ価値が上がるかはわかりません。これは、ビットコインもはじめはそう思われていたのです。ですから、モナーコインの眠っている力はまだ未知数なのです。

メリットとしては将来的に価格が上がるなどの未知の可能性がある仮想通貨という事でしょうか。この可愛らしいコインのデザインにには魅了されますね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

仮想通貨初心者ですが宜しくお願い致します。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード