仮想通貨japanでは、仮想通貨や暗号通貨に関する情報が網羅されております。ビットコイン・リップル・イーサリアム等々...気になる最新情報が満載です☆彡

ビットコインの取引の履歴は見られても大丈夫?

ビットコインをはじめアルトコインを取引すると、口座残高と取引履歴として公開されることになります。まだ取引をしたことのない方の中には、ビットコインの取引の履歴は見られても大丈夫なのかと疑問に思う方もいるのではないでしょうか?
2018/05/15 UPDATE
 
34 views
  • ビットコインをはじめアルトコインを取引すると、口座残高と取引履歴として公開されることになります。まだ取引をしたことのない方の中には、ビットコインの取引の履歴は見られても大丈夫なのかと疑問に思う方もいるのではないでしょうか?
    ここではビットコイン取引の履歴に関してお話していきます。
  • 履歴を見られただけでは個人情報はとられない

  • ビットコインはもともと取引記録の浸透性が特徴になっているため、履歴を見られてもとくに問題はありません。その一方セキュリティの穴はそれ以外にあちこちにあるので、基本的なことに注意しておきましょう。ビットコイン取引所においては、最低限二段階認証を設定しておく必要があります。セキュリティを徹底することが大切です。
  • 多くの人がビットコインに注目する理由の一つは、「ウォレットのビットコインアドレス等(銀行口座の口座番号に相当)と個人情報が全く結び付いていないから」です。

    そのビットコインアドレスを所有しているのは誰か?について確認するのは困難です。というのは、ビットコインの財布にあたるウォレットには、個人情報を全く掲載していないからです。

    これは、銀行口座と大きく異なる点であり、匿名性が高いと言えるでしょう。

    自分で「私のビットコインのビットコインアドレスは・・・・です!」とでも言わない限り、他人はビットコインアドレスと個人情報を結び付ける手段がありません。

    ビットコインアドレスは、希望するならば一人で何万個でも自由に作ることができます。このため、取引のたびに別のアドレスを作る場合、ビットコインアドレスと個人情報を結び付けるのは極めて困難です。
  • 取引が公開されるという事はどういうことか。それは自身のリスクとしては毎回同じアドレスを使っているとこの人がいくら持っているかを推測されかねないという事です。

    もちろんビットコインアドレスからではその人の個人情報にたどり着くのは不可能ですので一個人の資産状況などトランザクション履歴だけで知ることはできません。

    しかしこんなことはあります。受け取り専用にしているビットコインアドレスがあって、そこにどんどんビットコインを貯めている場合。一度取引した相手からはそのアドレスがあなたのアドレスであるという事がばれています。ですので今回の方法でそのアドレスの履歴を検索すればいくらそこに入っているのか一発でバレてしまいます。大量のビットコインがあれば攻撃を受ける(システムにではなくパスワードを盗まれるなどの犯罪に合う)可能性が高まります。

    ビットコインアドレスは事実上いくつでも作成可能ですので安全性を高める為には毎回違うアドレスを使った方がいい事になります。
  • 情報漏洩を避けるために注意すべき二点

  • 1.ビットコインアドレスを不特定多数に公開しない
  • あなたが誰かに送金をする際に、送金先の口座番号を知っている必要がありますよね。それと一緒で、ビットコインを送金したいときは、送金先のビットコインアドレスが必要になります。

    例えば、今あなたがビットコイン取引所でビットコインを購入し、それをビットコインウォレットに送金したいということでしたら、ウォレットの受取用ビットコインアドレスが必要です。一つ一つのビットコインアドレスは、QRコードもしくは26~35文字の英数字で表示されます。

    ちなみに、英数字で表示される場合、1または3の数字で始まる文字列になります。

    これが何を意味しているかというと、3から始まる英数字のアドレスを持つウォレットはマルチシング技術を使用していることを示していて、よりセキュリティが強いことを表しています。ただ、1から始まる英数字のアドレスだからと言って、セキュリティが弱いというわけではないので安心していただきたいです。ビットコインにはブロックチェーンという技術が使用されていて、簡単にはハッキングされない仕組みとなっています。
  • ビットコインアドレスを他人に教えるのは危険。すぐに個人情報が漏洩してしまうわけではありませんが、アドレスは定期的に変更しましょう。
  • 2.フリーWi-Fiに接続して取引を行わない
  • 便利だけど公衆Wi-Fiの中でも鍵なし(暗号化されていない)Wi-Fiっていうのがセキュリティ面ではとってもリスキーです。

    スマホの通信速度制限かかっちゃってネットが遅すぎ(´ε`;)なーんてなった場合も、セキュリーティー面は少し気になるもののフリーWi-Fi使いたくなりますよね?

    でも鍵なしだと情報が暗号化されていなからハッカーさんはウハウハ状態!パソコンや携帯スマホ端末の情報が簡単に盗み見られてしまいます。

    出典: kyraneko.com
  • 誰でも利用できるフリーWi-Fiは意外な落とし穴。ビットコインを盗まれたり、個人情報を抜き取られてしまったりといった危険があるため、信用できないフリーWi-Fiに接続することは控えましょう。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード