仮想通貨japanでは、仮想通貨や暗号通貨に関する情報が網羅されております。ビットコイン・リップル・イーサリアム等々...気になる最新情報が満載です☆彡

【電子マネーと仮想通貨の違いとは】

話題に上がる仮想通貨ですが電子マネーとは一体何が違うのでしょうか?
2017/04/08 UPDATE
 
66 views

仮想通貨と電子マネーは違うのか?

電車に乗る時の
ICOKA、SUICA、 MANACA・・・

他にも
支払いに使う電子マネーでは
楽天Edy(エディー)など様々です
知らない方はいないのではないでしょうか

全ては実態のないお金ですが、「ピロリ~ん^^」と
音が鳴って決済が完了します

電子マネーと仮想通貨の違いとは?

1.発行元があるかないか
2.相場があるかないか
3.送金することができるかどうか

主だった違いはこの3つです

便利な電子マネーですが
暗号(仮想)通貨ではありません

   
この電子マネーと暗号通貨ですが
大きな違いがあります



例えば
電子マネーは1,000円を両替機で
チャージ(入金)すると使える額は
当然ですが1,000円です
1,000円入れておいたら
翌週に増えていた!
ということはありません

対して
暗号(仮想)通貨はというと
1,000円を暗号(仮想)通貨に交換すると
翌週に増えていた!

なんてこともあるわけです
もちろん逆に減るということもあります

これは、為替を考えてもらえれば
イメージしやすいでしょう

暗号通貨には、時価総額がありますが
これは変動しますので

価値が上がれば、増えていた!

価値が下がれば、減っている・・・

デジタル化されているという観点からは
電子マネーと暗号通貨が
一見似てるように映りますが、
こんな大きな違いがあるんです^^

Apple Payとは違うのか

Apple payの場合

Apple Payはあくまでも既存のシステムの延長であるということが言えます。つまり、世の中がより「便利」になるための仕組みということです。

インターネットで買い物するときも、駅で改札を通るときも、コーヒーを買うときも、タクシーを乗るときも、手元のデバイスでクレジットカード番号を入力せずに簡単に支払えるよ!というだけ

仮想通貨の場合

ビットコインは法定通貨ではないものを使って人々が簡単に価値交換することを可能にした、全く新しい価値交換の仕組みです。つまり、既存のシステムの延長ではなく、全く新しいパラダイムの始まり

様々な決済方法がでてきていますが
知ることでより便利で効率的なライフスタイルに繋がるかもしれませんね^^

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

今は、暗号通貨・金融商品・不動産など 様々な分野について繋がりができ 案件情報も多く抱えることが出来ています その中 ...もっと見る

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード