仮想通貨japanでは、仮想通貨や暗号通貨に関する情報が網羅されております。ビットコイン・リップル・イーサリアム等々...気になる最新情報が満載です☆彡

NEMに実装されるカタパルトって?「mijin v.2(Catapult)の詳細

2018年5月14日にmijin v.2(Catapult)が公開されました。
2018/06/18 UPDATE
 
62 views

Catapult(カタパルト)とは?

カタパルトとは、いわゆる大型アップデートのことです。カタパルトを行うことにより送金の処理スピードが飛躍的に向上します。

具体的には、1秒間に3,000~4,000件の送金を処理することが可能であり、世界一の処理能力のあるクレジットカード「VISA」の4,000~6,000件/秒に近い処理速度を実装することができます。

その他の主要通貨の処理速度は、
ビットコイン(BTC)が、約3件/秒
イーサリアム(ETH)は、約15件/秒
となっています。

NEMにカタパルトが実装されれば、国際送金に特化したリップル(XRP)の2〜3倍の送金処理を行うことが可能となります。

カタパルトは、スピードとスケーラビリティを大きく改善するだけでなく、集約トランザクションとマルチレベルマルチサインアカウントを導入しています。これらはどのブロックチェーンでも利用できなかった新しい用途を提供します。

出典: bittimes.net

カタパルト実装後のNEMは送金処理能力面で、他の仮想通貨よりも大きく有利を得ることができる。

実装される「mijin」とは
ビットコインの生みの親である中本哲史によって発明された「ブロックチェーン」技術。
それを誰もが簡単にプライベートP2Pネットワークとして利用できるように開発された汎用プラットフォームがmijinです。

自社内、もしくはパートナー間でのみ利用可能な「Permissioned Blockchain」環境を構築できるため、
「ゼロダウンタイム」というブロックチェーンの恩恵を得ることができるだけではなく、圧倒的なセキュリティレベルと高いパフォーマンス、そして大幅なコスト削減を実現します。

mijinの名は、忍者の武器である「微塵」に由来します。3本の鎖に分銅がついたこの武器は、敵を「微塵」に打ち砕くことからそう名付けられました。
mijinは、既存のデータ管理インフラの常識とコスト構造を打ち砕きます。

金融機関から個人デベロッパーまで、全ての人にブロックチェーンの力を!
出典: mijin.io
「mijin」の動画では大ベテラン声優若本規夫さんがナレーションを勤めております。これがまたカッコイイ動画にできています!

NEM公式ブログで書かれていますが、catapult(カタパルト)はNEMの性能を良くするだけではなく、誰でも仕えるようにする。つまり、ブロックチェーンに詳しくない方でもブロックチェーンを使いこなせるようにアップデートするということです。
一般で仕えるということは、用途の広がりが期待できますね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード