仮想通貨japanでは、仮想通貨や暗号通貨に関する情報が網羅されております。ビットコイン・リップル・イーサリアム等々...気になる最新情報が満載です☆彡

「経営者」ならビットコイン決済を導入しよう!!

経営者なら取引所から決済を導入できる!ビットコイン決済の導入手続きは一部の取引所で受付ています。最大のメリットは決済手数料が安いことで、ほとんどの取引所で「1%」に設定されています。また、初期費用、月額払いの維持費などもかかりません!
2018/01/24 UPDATE
 
45 views
  • 経営者なら取引所から決済を導入できる!ビットコイン決済の導入手続きは一部の取引所で受付ています。最大のメリットは決済手数料が安いことで、ほとんどの取引所で「1%」に設定されています。また、初期費用、月額払いの維持費などもかかりません!
  • 店舗側のメリットが大きい!

  • ビットコイン決済とは、ECサイトや飲食店などでの決済をビットコインで行うことです。

    メリットは大きく、クレジットカードや電子マネーなどの既存の決済手段よりも手数料が安く、現金化もタイムラグなくて簡単。

    お客様が表示させたQRコードをスキャンし、ビットコインを送付するだけで支払いは完了。

    また取引履歴を参照すれば売り上げの管理も行えるので、非常に便利な決済システムです。
  • ビットコイン決済を導入すると、以下のような大きなメリットがあります。
  • 決済が早い!

  • クレジットカード決済の場合、サービス提供者やブランドによって異なりますが、売り上げの振込は翌月末日なことが多い。
    一方でビットコイン決済は、決済後に店舗に入金される時間は10分〜3日です。翌月入金のクレジットカードに比べると断然魅力的といえます。

    店舗側にとって、すぐに現金化されるというのは大きなメリットでしょう。
  • 決済手数料が安い!

  • ビットコイン決済の最大のメリットは、店舗側が支払う手数料が安いことでしょう。

    通常、クレジットカード決済ですと、店舗側が支払う手数料は5%〜8%程です。それに比べビットコイン決済の場合、店舗が支払う手数料は1%程と圧倒的に安く、店舗側の利益が大きく見込めるでしょう。
  • 外国人利用客の増加!

  • 世界共通で使用できるビットコインを店舗に導入すれば、外国人旅行客にとっても非常に大きなメリットになるといえます。
    更に2020年の東京オリンピックに向けて今後、訪日外国人が増加することが予想されます。そんな中、ビットコイン決済の導入をすることで、ビットコイン保有の外国人に対し利便性を生み、大きな集客率を上げる可能性を持てます。
  • ビットコイン決済を導入する方法は?

  • 飲食店でビットコインを導入する場合、まずはビットコイン決済システムを導入する必要がある。ビットコイン決済システムには複数種類があるが、メジャーなのは株式会社コインチェックが提供するビットコイン決済システム『coincheck payment』だ。電話番号の確認や本人確認書類の提出など事前登録手続きが必要だが、スマートフォンにアプリをダウンロードすれば手軽に利用できる。店側がアプリによって提示したQRコードを、顧客側がアプリで読み込んで「送金」ボタンを押すというフローになる。

    また、現在約26万店舗にサービス提供中のPOSレジアプリ『Airレジ』が、この夏を目途に『coincheck payment』に対応することを発表した。もしこのAirレジを利用していれば、『coincheck payment』をダウンロードしなくとも、ビットコイン決済システム機能を利用できることになる。



  • 今後このような取り組みが進んでいく可能性が予想されますので、ビットコイン決済は新たな経営戦略の一環として、今後の動きをチェックしておくことをオススメします。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

あなたにオススメの記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード